【経済産業省】二酸化炭素濃度測定器の選定等に関するガイドラインの制定について

更新日:3月1日

さて、2021/11/01に経済産業省より、

「二酸化炭素濃度測定器の選定等に関するガイドライン」が制定されました。


https://www.meti.go.jp/covid-19/guideline.pdf





【3.動作確認】の項目において、下記のように粗悪品(NDIR式ではない)との

見分け方も明記されております。


「 消毒用アルコールを塗布した手や布等を測定器に近づけても、

二酸化炭素濃度の測定値が大きく変化しないこと。

  ※ 光学式が用いられていれば、アルコールにはほとんど反応しない。 」


部品や物流費が高騰している状況で、いまだに入札案件などで、得体の知れない製品が同等品として申請が通り、通常ではまずあり得ない価格で落札されているのを目にします。


特に今年の3月〜6月は粗悪品が出回っておりましたので、

過去の入札等も疑わざるえません。


当社取扱製品は、すべてNDIRセンサー搭載製品となります。


すでにご購入頂いているお客様、これからご購入をお考えのお客様におかれましては、

安心してお求め頂ければと存じます。



NDIRセンサーについてご説明している過去の記事はコチラ